信楽焼窯元の大谷陶器 ようこそ、信楽へ
しがらき焼の昔話
むかしむかし・その昔の信楽焼陶器の歴史 お話し

窯焚きトーハン 六十年の思い出
昔風チョッと大きめ 信楽便器
 
火鉢時代のわら荷造り
大正時代の女ロクロ師「おさださん」
世にも珍しい陶器製兵器

上の各タイトルをクリックしてください、
詳しいペ〜ジにかわります。

■昔の資料からもとづいて
NO1 土堀 NO2土運び NO3土練り NO4ろくろ
※土堀 ※土運び ※土練り ※ろくろ挽き

NO5壺造り NO6登り窯 NO7窯焚き NO8荷造り
※壺造り ※登り窯 ※窯焚き ※荷造り
『昔の信楽焼、製陶工程絵図』 壺久郎著書



    見てネ! 起源と歴史
  • 天平14年(742年)聖武天皇が紫香楽の宮の造営に着手されたのが信楽の始まりです。
  • また、徳川時代には幕府直轄領として代官所がおかれるなど、由緒ある伝統の町です。
  • 聖武天皇が離宮を造営され、”紫香楽宮”という名を残した。その『しがらき』の呼び名は、奈良時代に樹林地帯として、山深く木々の繁ったころから、しげる木がしがらきの地名となったともいわれ、また山に囲まれた土地という朝鮮語の『シダラ』という言葉が、製陶の技術とともに伝わったともいわれています。   

 歴史その1・・・火鉢
  • 第二次世界大戦終戦後は、大流行して全国生産高の90%を占める大産地となり、明治時代から約百年間にわたり、信楽焼の主力製品となっていた火鉢は、電気、ガス暖房器具の発達によって昭和30年後半には、生産が完全に閉じられた。
ポンポコ狸
     
なまこ釉 雪丸火鉢》
明治中期に、なまこ釉薬が開発され
のち火鉢や植木鉢に用いられ信楽焼 
独特のカラーになった。 
戦後の火鉢
 歴史その2・・・タヌキ
  • 昭和26年11月15日、昭和天皇がこの地に行幸された時、沿道に旗を持った陶製たぬきが並んでお迎えした事が、天皇のお気に召して「をさなどき あつめしからになつかしも信楽焼の狸をみれば」と詠われ、それがマスコミにも宣伝効果を与え、以来全国的に信楽=タヌキが流行する切っ掛けとなった。
《昔のタヌキ》
 陶製置物は、江戸時代から造られている。

昭和初期の狸

  お客様から頂いた50年程前の珍しい手作り逸品狸写真
 
お客様から頂いた50年程前の珍しい手作り逸品狸写真
 歴史その3・・・カエル  
昔の蛙
  



  《昔の福カエル》
前足・・・礼儀正しく。
後ろ足・・・ジャンプ、前進あるのみ! 
子ガエル・・・子は親にしたがう。
目・・・前後左右、世の中を正しく見る。
口・・・パクリ呑み込む火災予防。
   それぞれに意味があり、効能があります。
 歴史その4・・・やきもの作り助手 こちらアシスタント
 
  歴史その5・・・信楽街道 こちら さあ〜信楽街道を探索しよう!!

メール
ご意見・ご感想・問合せはこちらまで・・・
登り窯、焚いている所です。
※当店から〜 ※狸のおつげ ※気まぐれ日記 ※FAQ 掲示板 ※職人の手技 ※INTERIOR ※華の器 ※匠のうつわ ※置物  干支置物申(さる)シリーズ
ライン
 信楽焼窯元の大谷陶器です 戻る   トップに戻る    From Kanedai-Otani 次へ